天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

2体緩和

 

よみ方

にたいかんわ

英 語

two-body relaxation

説 明

通常の分子からなる気体では、分子同士の衝突によって運動エネルギーが交換されることで、熱力学的に緩和し、熱平衡に近づいていく。粒子間相互作用がクーロン力であるプラズマや、重力である銀河星団などの重力多体系においても、粒子同士のクーロン散乱や重力散乱によってエネルギーが交換され、熱平衡に向かって分布関数が進化していく。この緩和過程を2体緩和という。
重力の場合、散乱断面積が速度の4乗に反比例し、粒子の質量の2乗に比例する。このため、2体緩和のタイムスケールは、速度分散の小さい散開星団球状星団では宇宙年齢より短いが、速度分散の大きい楕円銀河では宇宙年齢よりはるかに長くなる。

2018年04月12日更新

関連画像