天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

熱幅

 

よみ方

ねつはば

英 語

thermal width

説 明

ガスが発する輝線の幅のうち、ガスを構成する原子や分子が熱運動することで生じるもの。同種の気体の場合はガスの温度に関係し、高温ほど幅が広い。熱運動によるドップラー効果が原因で、これによる輝線輪郭の形状はガウス分布関数型になる。自然幅圧力幅も参照。

2018年03月31日更新

関連画像