天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

焦点(望遠鏡の)

 

よみ方

しょうてん(ぼうえんきょうの)

英 語

telescope foci

説 明

屈折望遠鏡においては焦点は望遠鏡出射光側の1か所である(厳密には入射光側にも焦点ができるが通常使用しない)が、反射望遠鏡では反射鏡の組み合わせによって、望遠鏡筒に対していくつかの異なる位置に焦点ができる。これらはそれぞれ名前をつけて区別している(主焦点ニュートン焦点カセグレン焦点グレゴリー焦点ナスミス焦点クーデ焦点など、詳しくはそれぞれの項目を参照)。なお、こうした望遠鏡焦点の名前は、焦点の位置に限らず、焦点形式あるいは焦点面の名前としても使われている。

2018年09月17日更新

関連画像

*さまざまな望遠鏡焦点とその光学系配置
吉田道利「地上望遠鏡」、シリーズ現代の天文学第15巻、家・岩室・舞原・水本・吉田編『宇宙の観測I』第2版 5.1節 図5.1 (日本評論社)
望遠鏡の焦点
*さまざまな望遠鏡の焦点とその光学系配置
岡村・家・犬塚・小山・千葉・富阪編『天文学辞典』、シリーズ現代の天文学別巻(日本評論社)p. 186