天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

スイッチング観測

 

よみ方

すいっちんぐかんそく

英 語

switching observation

説 明

電波赤外線の観測では、観測対象からの電磁波よりも大気や検出装置自体が発する雑音が持つ電磁波の強度の方が大きいことが多く、その影響を除去しないと高精度の観測ができない。このため、観測天体からの信号を含む出力と含まない出力の比較を行うことが多い。これを2入力に対する切り替え観測という意味でスイッチング観測という。ポジションスイッチビームスイッチ、副鏡チョッピング、周波数スイッチなどが多用される。

2018年03月06日更新

関連画像