天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

夏の大三角

小

よみ方

なつのだいさんかく

英 語

Summer Triangle

説 明

デネブ(はくちょう座\alpha星: \alpha Cyg)、アルタイル(わし座\alpha星: \alpha Aql)、ベガ(こと座\alpha星:\alpha Lyr)の三つの明るい星を結ぶ細長い大きな三角形の星のパターンのこと。七夕伝説と結びついて広く親しまれている。ベガは「おりひめ(織姫)」、アルタイルは「ひこぼし(彦星)」であり、両者の間に天の川が通っている。日本では夏の間に最も見やすくなる(20時に南中するのは9月中旬)。夏の大三角を形作る三つの星のデータを表に示す。

2019年02月17日更新

関連画像

*夏の大三角
* 夏の大三角を構成する星のデータ