天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

高

よみ方

りゅう

英 語

stationary

説 明

惑星の地心視赤経の時間変化が0となる瞬間。惑星は天球上で恒星の間を通常は西から東へ運動していくが、留のときにはその運動がほぼ停止し、運動の方向(順行逆行)が入れ替わる。このため、留付近での惑星の見え方は、天球上で順行→留→逆行→留→順行に対応したループやS字型を描くように見える。逆行の項の図を参照。

2018年04月13日更新

関連画像