天文学辞典 | 天文に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

分光標準星

 

よみ方

ぶんこうひょうじゅんせい

英 語

spectroscopic standard stars

説 明

見かけの明るさが波長ごとに正確に求められており、分光観測データの波長感度校正を行うために用いられる恒星のこと。分光測光標準星ともいう。分光標準星としては、強い輝線や吸収線がなく、全体的になめらかな連続スペクトルを持ち、しかも孤立した恒星が望ましい。そのような条件を満たすものとして、孤立した白色矮星やA型主系列星などが選ばれている。F型星以降の晩期型の恒星は、多数の金属吸収線によって複雑なスペクトルを示すため、分光標準星としては適さない。標準星も参照。

2018年03月06日更新

関連画像