天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

スペクトル型(星の)

高

よみ方

すぺくとるがた(ほしの)

英 語

spectral type

説 明

スペクトルによる恒星分類で用いられるグループ(右の表参照)。星の放射スペクトルには、連続光成分に加え星の大気におけるスペクトル線吸収が現れる。この吸収スペクトルの種類と強度により、星のスペクトル型が定義される。ハーバード分類では、吸収スペクトルの種類と強度によってO型、B型、A型、F型、G型、 K型、M型という温度に対応する系列と、化学組成の違いに対応するR型、N型がある。さらにそれぞれの型を10分割して0から9を付けて細分類する。温度系列については、後年、M型よりも低温な褐色矮星の分類としてL、T型が追加された。
それぞれのスペクトル型の特徴を表に示す。高温のO型星では電離したヘリウムや酸素のスペクトル線が指標とされ、温度が下がるにつれてさまざまな中性原子の吸収線、さらに低温になると分子の吸収帯がスペクトル型の決定に使われる。また、一部の星では炭素が酸素に比べて著しく増加し、その比(C/O)が1と同程度ないしは1以上になっている星もある(太陽ではC/Oがほぼ0.5)。炭素が過剰な低温度星では、M型星と違ってC_2やCNなどの炭素を含んだ分子の吸収スペクトルが現れる。これらはC型星(炭素星)と総称され、比較的温度の高いR型と、低温のN型に分けられる。低温だが酸化チタンも炭素関連の分子吸収も弱い星はS型星と呼ばれ、この星ではC/O比がほぼ1となって両元素がほとんど一酸化炭素(CO)になっていると考えられている。
また、特異なスペクトルを持つものに対し、pの添え字で特異性のあること、eの添え字で輝線を持つことを示す。Of はHe IIとN IIIの輝線を示すO型星、Amは金属線のあるA型星を示す。白色矮星を示すために、wまたはDを頭に付けること(wG, DBなど)、準矮星を示すためにsdを付けることがある(sdGなど)。また、矮星巨星超巨星の3つを識別するために、d,g,cを付けることがある(dG, gK, cAなど)。
一方、恒星の光度(絶対等級)の違い(光度階級)による分類では、I(超巨星)、II(輝巨星)、III(巨星)、IV(準巨星)、V(主系列星)、VI(準矮星)が定義される。これを細分するには、a, ab, b(aはより明るく, bはより暗い)を後につけるか、2つの階級記号をハイフンでつないで中間を表す。
温度系列を表すハーバード分類に光度階級分類を加えた方式としてMK分類が現在はもっぱら用いられている。たとえば、太陽はG2V型と表記される。スペクトル分類(星の)も参照。

スペクトル型の表

2018年03月30日更新

関連画像

星のスペクトル型と光度階級の概念図。
大脇直明他「天文資料集」(東京大学出版会)の原図より制作
スペクトル型
星にみられる主なスペクトル線とスペクトル分類。
http://www.shokabo.co.jp/sp_opt/star/list/csp.jpg
星のスペクトル型の分類系列(ハーバード分類)