天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

太陽周期活動

高

よみ方

たいようしゅうきかつどう

英 語

solar cyclic activity

説 明

太陽の黒点や活動領域の出現、こうした領域で発生するフレアなどの磁気的な活動現象の頻度は約11年の周期で増減する。これを太陽周期活動という。活動が最も活発な時期を極大期、最も静かな時期を極小期という。ある周期と次の周期では、先行黒点と後行黒点の磁場極性や極磁場の極性の反転があり(ヘール-ニコルソンの法則)、この効果も考えると周期は22年となる。ダイナモ機構が太陽周期活動を駆動していると考えられている。

2018年08月30日更新

関連画像

太陽黒点の緯度別の出現頻度の時間変化(いわゆる蝶形図、上)と、黒点数の尺度として、黒点が太陽面に占める面積の割合の時間変化(下)。
(クレジット:NASA)
http://solarscience.msfc.nasa.gov/SunspotCycle.shtml