天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

SN1987A

高

よみ方

えすえぬいちきゅうはちななえー

英 語

SN1987A

説 明

1987年2月23日に大マゼラン雲中で発見された超新星。B0.7~B3型星がII型超新星爆発を起こしたものと考えられている。爆発時の最大光度は絶対等級M_{\rm v}=-15.9等とされ、見かけの等級でも2.6等に達した。望遠鏡発明以来、最も太陽系に近いところで発見された超新星爆発であり、さまざまな観測結果から超新星爆発についての理論が大きく見直されることになった。また、SN1987Aから爆発時に放出されたニュートリノカミオカンデで検出され、これが世界初の太陽系外天体からのニュートリノ観測となった。この業績を含むニュートリノ天文学の開拓に対して小柴昌俊が2002年のノーベル物理学賞を受けている。
超新星はその英語の頭文字SNに続き、発見年の西暦、発見順の大文字のアルファベット1文字(A-Z)が付された名前で呼ばれ、27個目以降はアルファベット1文字に代わりaa,ab,\cdots,az,ba,bb,\cdots,bzのように小文字のアルファベット2文字が付される。SN1987Aは1987年で最初に発見された超新星である。これで生じた超新星残骸もSN1987Aと呼ぶ。

2018年04月20日更新

関連画像

ハッブル宇宙望遠鏡で捕らえた、爆発から20年後のSN1987A(中央のピンクの環状天体)
SN1987Aの爆発前(右)と後(左)の同じ天域の画像。爆発前には特に目立った恒星は見られないが、この中のどれが爆発したかがわかったため、超新星爆発直前の天体の様子が初めて明らかとなった。
(提供:アングロアオーストラリア天文台)