天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

いて座A*

高

よみ方

いてざえーすたー

英 語

Sagittarius A star

説 明

天の川銀河の中心に位置するブラックホールに対応する天体。電波近赤外線X線で観測され、点状で強度変動を示す。いて座A*周囲の恒星の運動を10年程度継続的に観測した結果、多くの恒星がいて座A*の周囲を公転していることがわかり、その運動から、いて座A*の質量は太陽の約400万倍であることがわかった。とはいえ、天の川銀河全体の質量は太陽の1000億倍以上あるので、天の川銀河内のほとんどの天体がいて座A*の周囲を公転しているという太陽系のようなイメージは力学的には正しくない。なお、ブラックホールである、いて座A*が光って見えるのは、ブラックホール周囲にある降着円盤からの放射であると考えられている。

2018年03月10日更新

関連画像