天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

標本化定理

 

よみ方

ひょうほんかていり

英 語

sampling theorem

説 明

連続的に変化する信号を標本抽出する場合、抽出頻度を2\nu_{\mathrm{max}}とした標本からは、元の信号のうち[0, \nu_{\mathrm{max}}]の周波数範囲だけは完全に再現可能であるという定理。ナイキスト-シャノンの定理ともいう。

2018年03月06日更新

関連画像