天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

リュードベリ定数

高

よみ方

りゅーどべりていすう

英 語

Rydberg constant

説 明

水素原子の線スペクトルを表す物理定数であり、
R=\frac{me^4}{8ch^3\varepsilon_0^2}=1.09737\times 10^7\,{\rm  [m^{-1}]}
で与えられる。ここで me はそれぞれ電子の質量と電荷、c は真空中の光速、hプランク定数\varepsilon_0 は真空の誘電率である。この式は、微細構造定数 \alpha を用いると R=\frac{\alpha^2mc}{2h} と書くことができ、cgsガウス単位系では R=\frac{2\pi^2me^4}{ch^3} となる。
リュードベリ定数を用いると、主量子数 l から n に遷移するときに放射される水素原子の線スペクトルの波長 \lambdaや振動数 \nuは、
\frac{1}{\lambda}=\frac{\nu}{c}=R\,(\frac{1}{n^2}-\frac{1}{l^2})
と記述できる。n=1 のときはライマン系列n=2バルマー系列n=3 はパッシェン系列、n=4 はブラケット系列である。

2018年04月24日更新

関連画像