天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

回転量子数

 

よみ方

かいてんりょうしすう

英 語

rotational quantum number

説 明

分子の回転エネルギーは量子力学では量子化されるが、そのエネルギー固有値である角運動量量子数のこと。記号Jで表す。一般には、その回転対称軸への射影を表す量子数Kと合わせて離散的なエネルギー準位が決まる。2つの異なる原子からなる異核2原子分子の場合には、対称性からKの違いが生じないため、回転量子数Jとエネルギー準位とは1対1に対応する。その例として一酸化炭素分子の場合を図に示す。このような準位間での遷移が起こると電磁波が放射される。

2018年04月12日更新

関連画像

回転量子数
*2原子分子の回転量子数Jとそれによるエネルギー準位。右図のエネルギーはエネルギーEと温度Tとの関係E = kB T(kBはボルツマン定数)を用いて温度の単位で表している。
水野 亮「電波の放射機構」、シリーズ現代の天文学第16巻、中井他編「宇宙の観測II」2.2節 図2.16(日本評論社)