天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

自転

小

よみ方

じてん

英 語

rotation

説 明

天体がその重心を含む内部の軸の周りを回転すること。この軸を自転軸、1回転するのにかかる時間を自転周期と呼ぶ。惑星や衛星、小惑星彗星など、太陽系天体のほとんどは自転をしている。
自転周期は特徴ある地形や黒点の運動、明るさが変化する周期、電波が変化する周期などを観測することにより求めることができる。とくに、太陽木星などガスからできている天体の場合は、緯度により自転周期が異なるので注意が必要である。
をはじめ多くの衛星の自転周期は公転周期に等しいことが多く、母惑星に対して常に同じ面を向けている。そのほうが潮汐力による変形が小さくて済み、エネルギー的に安定だからである。
これに対し、天体が系の重心の周りを回る現象のことを公転と呼ぶ。

2018年05月08日更新

関連画像