天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ロスビー波

高

よみ方

ろすびーは

英 語

Rossby wave

説 明

中緯度の偏西風帯で励起され、大気中を西に進んで、1日程度で地球を一周する波。波長は数千kmにもなる。1日以上の時間スケールの気象の変化に重要な影響を与える。この波を維持する復元力は、コリオリ力が高緯度ほど大きいことによる効果である。アメリカで活動した気象学者ロスビー(C-G. Rossby)が発見したのでこの名がある。

2018年03月06日更新

関連画像