天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ロケデロスムチャーチョス天文台

 

よみ方

ろけでろすむちゃーちょすてんもんだい

英 語

Roque de los Muchachos Observatory

説 明

スペインのカナリー諸島のラパルマ島、標高約2400 mのカルデラ火山の山頂にある天文台。カナリー天体物理学研究所が所有し運用する。正式名称はスペイン語だが、ラパルマ天文台と通称されることもある。スペイン、イギリスなど欧州4か国の共同事業として建設されたが、2010年時点で参加国は11か国となっている。発端は1979年のグリニッジ王立天文台アイザックニュートン望遠鏡(口径2.5 m)の移設であるが、天文台としての開所式は1985年に行われた。イギリスのウィリアムハーシェル望遠鏡(4.2 m)、北欧諸国のノルディック望遠鏡(2.6 m)、イタリアのガリレオ国立望遠鏡(3.6 m)、スウェーデンとオランダの太陽望遠鏡などがあり、2009年にはスペイン、メキシコ、アメリカ(フロリダ大学)が共同で建設したカナリー大型望遠鏡(10.4 m)が完成した。また、山頂から少し下ったところに、ガンマ線望遠鏡MAGICがある。
ホームページ:http://www.iac.es/eno.php?op1=2&lang=en

2018年04月12日更新

関連画像

天文台の全景。
http://www.iac.es/img/Panora%81mica3(HD).jpg
天文台の全景。カナリー巨大望遠鏡は見えない。
http://www.astromia.com/fotohistoria/roquemuchachos.htm
カナリー巨大望遠鏡
http://www.bia.iac.es/imagenes.php?id_cat=11&id=44&img=238