天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

富裕度階級

 

よみ方

ふゆうどかいきゅう

英 語

richness class

説 明

銀河団の規模を表す指標で、エイベル(G.O. Abell)が、エイベルカタログで導入した。銀河団の中で3番目に明るい銀河の等級とそれから2等級暗いところまでの等級範囲に入る銀河の個数によって定義され、0-5までの6段階に分けられ、数字が大きいほど銀河団の規模が大きくなる。0は30-49銀河、5は300個以上である。最も明るい2つの銀河を除外したのは、前景の銀河がたまたま銀河団に重なって紛れ込む影響を避けるためである。

2018年08月20日更新

関連画像

George O. Abellの現論文にある富裕度階級(richness)の定義。
(Abell 1958, ApJS 3, 211より引用)