天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

逆行衛星

高

よみ方

ぎゃっこうえいせい

英 語

retrograde satellite

説 明

逆行軌道にある衛星のこと。衛星の公転逆行あるいは順行には2通りの考え方がある。一つは黄道の北極方向から見て反時計回りに公転する場合を順行、時計回りに公転する場合を逆行とするもの、もう一つは中心天体(この場合は惑星)の自転と同じ向きに公転する場合を順行、自転と逆向きに公転する場合を逆行とするものである。
後者の定義を用いると、一般に惑星に近い軌道を回る衛星には、惑星の赤道面上にある離心率の小さい軌道を、惑星の自転と同じ向きに公転する順行衛星が多く、惑星から遠い軌道を回る衛星には、惑星の赤道に対してさまざまな軌道傾斜角を持つ離心率の大きな軌道を、さまざまな向きに公転するものが多い。
海王星の衛星トリトンは、惑星の近くを公転しているのにもかかわらず逆行している、珍しい例である。

2018年04月13日更新

関連画像