天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

基準星

 

よみ方

きじゅんせい

英 語

reference star

説 明

天体観測は、目的天体の近くにある明るい星に対する相対的な位置、明るさ、スペクトルなどを観測することにより行われるが、その際の比較対象となる星を基準星と呼ぶ。基準星は精密に観測されカタログ化されている。位置測定の基準となる星は位置標準星といい、明るさやスペクトルなどの基準となる星は標準星(測光標準星、分光標準星)と呼ばれる。

2018年03月06日更新

関連画像