天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

再帰新星

 

よみ方

さいきしんせい

英 語

recurrent nova

説 明

恒星が数日のうちに急激に明るくなり、その後緩やかに減光し、爆発前の状態に戻る現象を新星と呼ぶ。
白色矮星を含む連星系の相手の恒星から白色矮星表面にガスが降り積もりやがて核爆発を起こすためと考えられるので、
新星は繰り返し現象であるが、その周期は長いものでは数万年以上にもなる。
短周期のため2回以上新星現象が観測されたものを再帰新星という。回帰新星、反復新星、再発新星などとも呼ばれる。矮新星も参照。

2018年03月06日更新

関連画像