天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

放射線帯

 

よみ方

ほうしゃせんたい

英 語

radiation belt

説 明

地球や磁場を持つ惑星の周囲にトーラス状に分布する高エネルギー粒子の帯状の構造。地球の放射線帯は、1958年にアメリカが打ち上げた人工衛星エクスプローラーに搭載された放射線計測器により発見された。機器責任者の名前をとり、バンアレン帯と呼ぶことが多い。
地球以外に太陽系で磁場をもつ惑星は、水星木星土星天王星海王星であるが、現在までのところ、これらのうち水星以外の惑星には高エネルギー粒子の放射線帯が存在していることが確認されている。

 

2018年10月06日更新

関連画像