天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

パルサータイミング法

 

よみ方

ぱるさーたいみんぐほう

英 語

pulsar-timing method

説 明

中性子星の周りを公転する惑星の検出方法。惑星をもつ中性子星は、惑星の重力を受け惑星との共通重心の周りを公転する。惑星の軌道面が視線方向に対して垂直でない限り、中性子星は視線方向に運動し、中性子星からの規則的パルスは、ドップラー効果によって周期的変動を示す。これを電波観測により検出するのがパルサータイミング法である。1992年、ボルシュチャン(A. Wolszczan)とフレイル(D. A. Frail)によってパルサーPSR1257+12の周りを公転する2個の、地球質量の数倍程度の低質量天体が発見された。正式にはこれが人類が初めて発見した太陽系外惑星だがその成因は、一般の惑星とは異なる可能性も高い。このため一般の恒星の周りの惑星の第1号は、1995年のペガスス座51番星を回るものとすることが多い。

2018年03月13日更新

関連画像

パルサーの周りを公転する惑星の想像図
https://www.nasa.gov/multimedia/imagegallery/image_feature_574.html