天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

プトレマイオス

高

よみ方

ぷとれまいおす

英 語

Ptolemaeus, Claudius

説 明

古代アレクサンドリアの天文学者(90頃-168頃)。英語ではトレミー(Ptolemy)と呼ばれる。天動説に基づいた著書、『アルマゲスト』は永く天文学の権威として読まれた。エジプトのアレクサンドリアに国立研究所のムセイオンがあり、そこで三角法などの幾何学を応用し地球中心説(天動説)の総合体系をつくった。惑星順行逆行などの見え方は、導円とその上に中心のある周転円を組み合わせて説明した。周転円の半径などは観測に合うように決めた。惑星の運動をよりよく表現するために、離心円の中心と対称な位置にエカントと名づけた仮想的な回転中心を導入した。地球が不動であることは物理学的考察によって主張している。アリストテレスの天球論と組み合わされてプトレマイオス-アリストテレス体系と呼ばれた。他の著作に、占星術をまとめた『テトラビブロス』、また経緯度線入りのプトレマイオス世界地図がある。

2018年08月15日更新

関連画像

プトレマイオス
This reproduction is taken from Popular Science Monthly Volume 78, April, 1911, page 316