天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

比例計数管

 

よみ方

ひれいけいすうかん

英 語

proportional counter

説 明

電離 放射線の測定装置の一つ。金属円筒の中心に細い針金を張り、メタンやアルゴンなどの混合ガスを詰めたもので、円筒の陰極に対して針金の陽極に高電圧を印加して用いる。計数管に入射した放射線がガスをイオン-電子対に電離すると、イオンは陰極に、電子は陽極に向かって移動する。陽極近傍の強い電場により電子は大きなエネルギーを得て、ガス分子を電離し、電子を生じる。こうしてイオン-電子対の数はねずみ算的に増加し、増幅作用を起こす(なだれ増幅)。最終的に得られる信号の大きさは最初のイオン-電子対の数に比例するため、放射線のエネルギー損失を測定することができる。ガイガー-ミュラー計数管蛍光比例計数管も参照。

2019年05月11日更新

関連画像

比例計数管の原理(宇宙航空研究開発機構・宇宙科学研究所)