天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

固有運動

 

よみ方

こゆううんどう

英 語

proper motion

説 明

天球上での恒星の見かけの動きのこと。角度秒 / 年(" y-1)の単位で測る。太陽や恒星は天の川銀河銀河系)という星の集団に属しているが、それらは天の川銀河の中心の周りを回っている。太陽は天の川銀河の銀河円盤に属する周辺の星々とともに回転しているがそれらの星々との相対位置は時間とともにわずかに変化する。また、銀河ハローに属する星は円盤とは異なる回転をしているので、相対位置の変化が大きい。この相対位置の変化が天球に投影されたものが固有運動である。一般に固有運動は近距離の星ほど大きいので、固有運動は近距離の星を見つける手段にもなる。
ほとんどの恒星の固有運動は1" y-1以下で、最も固有運動の大きいバーナード星で10.36" y-1である。また、年周視差連星系の運動と分離する必要もあるため、固有運動の観測には長期間にわたる精密な位置観測が必要である。

2020年07月23日更新

関連画像

固有運動
* 固有運動。
郷田直輝「宇宙における距離の測定」、シリーズ現代の天文学第1巻、岡村・池内・海部・佐藤・永原編『人類の住む宇宙』第2版 2.4節 図2.14 (日本評論社)