天文学辞典 | 天文に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

極軸

高

よみ方

きょくじく

英 語

polar axis

説 明

赤道儀式望遠鏡において、地球の自転軸と平行に設けられた回転軸のこと。軸の方向が天の北極と天の南極を指すことから、こう呼ばれている。望遠鏡を極軸周りに地球の自転と反対方向(東から西)に回転させることによって、地球の自転によって生じる天体の日周運動を追尾することができる。天体追尾機構は、極軸周りの定速回転機構のみで実現でき、簡便なものとなる。ただし、赤道上や極地域を除いて、極軸は地表に対して斜めに設置されるために、一般に機械構造的には不安定なものとなり、その支持機構や軸受けには相当の強度が要求される。

2018年04月19日更新

関連画像

*ヨーロッパ南天文台3.6m望遠鏡とその極軸
http://cerncourier.com/cws/article/cern/50797 を改変