天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

冥王星型天体

高

よみ方

めいおうせいがたてんたい

英 語

plutoid

説 明

太陽系外縁天体の中で質量が大きく準惑星として定義づけられている天体を指す。冥王星が惑星からはずれることになった、2006年の国際天文学連合(IAU)総会で定義が与えられた。「太陽を周回する天体であって、その軌道長半径が海王星の軌道長半径よりも大きく、自身の重力によって静水圧平衡形状(球形)となるだけの質量を持ち、かつ軌道を占有しないものである」。Plutoidという名称は2008年にオスロで開かれた国際天文学連合の執行委員会で決定された。2017年時点で、冥王星、エリス、マケマケ、ハウメアの4天体が冥王星型天体に分類されている。
なお、似た用語である冥王星族天体(plutino)は、太陽系外縁天体のなかで、冥王星と同様に、軌道が海王星と3:2の共鳴状態にあり、公転周期が海王星の約1.5倍の天体のことを指す。

2018年03月12日更新

関連画像

https://www.nasa.gov/mission_pages/hubble/news/eris.html