天文学辞典 | 天文に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

プランクスケール

 

よみ方

ぷらんくすけーる

英 語

Planck scale

説 明

ニュートンの万有引力定数 G, 光速度 c、換算プランク定数 \hbar\hbar = h/2\pi, hプランク定数)の3つの基本物理定数を組み合わせて、長さ、質量、時間の次元を持つ量を計算することができる。これらはそれぞれプランク長、プランク質量、プランク時間と呼ばれ、われわれの自然界を特徴付けるスケールとなっており、総称してプランクスケールと呼ばれる。具体的には、プランク長は \sqrt{\hbar G/c^3} \approx 1.62\times 10^{-35}\,{\rm m} であり、これよりも小さいスケールでの現象は現在の物理学では記述できず、量子重力理論が必要であると考えられている。
また、プランク質量は \sqrt{\hbar c/G}\approx 2.18\times 10^{-8}\,{\rm kg} 、プランク時間は \sqrt{\hbar G/c^5} \approx 5.39\times 10^{-44}\,{\rm s} である。

2018年10月06日更新

関連画像