天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ピアッジ

 

よみ方

ぴあっじ

英 語

Piazzi, Giuseppe

説 明

イタリアの天文学者(1746-1826)。最初の小惑星ケレス(Ceres)の発見者。彼はマルタ大学の数学主任になり、レヴェンナでの数学・哲学教授の職を経てローマに行き、パレルモ大学の天文学教授に就任した。パリ、ロンドンへ留学ののち、シシリー島のパレルモ天文台長になった。ラムスデン製の新しい子午環星表作りのため観測中に、1801年1月1日に移動する恒星状天体を発見し、その観測報告がドイツに伝えられて、順行逆行の様子から火星木星の間にある惑星であることがわかった。その次の秋の回帰には、ガウス(C.F. Gauss)が最小二乗法を考案して軌道を計算し、無事再発見された。その後ケレスと同様な天体は続々発見され、ハーシェルの提案に従って、小惑星(asteroid)と呼ばれるようになった。ケレスはその中で最大のものである。

2018年08月15日更新

関連画像

ピアッジ
http://www.sil.si.edu/DigitalCollections/hst/scientific-identity/CF/display_results.cfm?alpha_sort=P