天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

光子指数

 

よみ方

こうししすう

英 語

photon index

説 明

天体からの放射スペクトルエネルギー分布の形を特徴づける定数。 X線などの高エネルギー域で用いられる。 たとえば活動銀河核のスペクトルエネルギー分布は周波数\nuべき関数型スペクトルで近似できることが多い。 通常は、スペクトルエネルギー分布を単位周波数当たりのフラックス(放射エネルギー流束)f_\nuで表して、 それを周波数のべき関数   f_\nu \propto \nu^{\alpha}で近似し、 \alphaスペクトルの形を特徴づける定数とみなし、スペクトル指数という。 光子指数を用いる場合は、f_\nuの代わりに単位周波数当たりの光子の個数 N=f_\nu/E)を用い、 それをエネルギーのべき N(E)\propto E^{-{\it \Gamma}} で近似する。 この{\it \Gamma}が光子指数である。 ここで、E=h\nuはその周波数の光子1個のエネルギー、hプランク定数である。 両者は表現方法が違うだけであり、{\it \Gamma} = 1 - \alphaという関係で結ばれている。

2018年12月11日更新

関連画像