天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

位相スイッチング

 

よみ方

いそうすいっちんぐ

英 語

phase switching

説 明

ヘテロダイン受信機を用いた電波干渉計において、周波数変換に用いる局部発振器信号に位相変調を加えるとともに、より下流側の中間周波数信号部以降で変調と対になる位相復調を行う操作のこと。中間周波数部で起こる混信の除去を目的とした180^\circスイッチングと、2つの電波周波数成分が同一の中間周波数成分に重なって出てくる両側波帯で受信信号から一方だけを取り出すことを目的とした90^\circスイッチングとに大別される。必要に応じて両者を組み合わせて使うこともある。

2018年04月20日更新

関連画像