天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

特異運動(銀河の)

 

よみ方

とくいうんどう(ぎんがの)

英 語

peculiar motion

説 明

銀河は宇宙の膨張にともなって、銀河までの距離に応じて、より遠い銀河ほど大きな速度でわれわれから後退しているように見える(ハッブル-ルメートルの法則)。この宇宙膨張による見かけの速度(ハッブル流)以外の速度成分を特異運動と呼ぶ。銀河の周囲に銀河群銀河団などが存在する場合、それによる重力によって銀河の局所的な運動が生ずる。この特異運動の大きさを特異速度といい、数百から1000\,{\rm km\,s}^{-1}程度にもなることがある。
1980年代初めには、宇宙マイクロ波背景放射(CMB)の観測から、局所銀河群は宇宙全体の静止系と考えられるCMBに対して約600kms-1の速度で運動していることが明らかになった。1986年に、この運動が、おとめ座銀河団への落ち込み運動と、うみへびーケンタウルス座銀河団が、局所超銀河団を引き寄せている運動の合成で説明されるとして、局所超銀河団より大規模な領域で銀河が揃った運動をしていることが指摘され、それ以後超銀河団より大きなスケールでの大規模な銀河の特異運動(bulk motionあるいはstreaming motionと呼ばれる)が活発に研究されるようになった。ラニアケア超銀河団も参照。

2020年04月17日更新

関連画像

* 局所超銀河団とその周辺の大規模な特異運動を説明した図。
Aaronson et al. 1986, ApJ, 302, 536 にある原図より作成(岡村定矩)