天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

パロマー天文台スカイサーベイ

 

よみ方

ぱろまーてんもんだいすかいさーべい

英 語

Palomar Observatory Sky Survey(POSS)

説 明

パロマーシュミット望遠鏡(視野6.6度、写真乾板の実寸35.6 cm四方)を使って行われた写真乾板による全天サーベイ。第1次サーベイ(POSS-I)と第2次サーベイ(POSS-II)がある。第1次サーベイは、アメリカ地理学協会の出資により1949-58年に行われた。赤緯-30度以北の全天936天域を、可視光の青と赤のバンドで撮影した。完成後は、乾板を印画紙に焼き付けたセット(パロマーチャートと通称)が世界の主な研究機関に有償配布され、天文学の基本資料となった。POSS-Iの原乾板やパロマーチャートの眼視検査からさまざまなカタログが作られた。
第2次サーベイは1987-99年に、高性能の写真乾板を 用いて、赤緯-30度以北の897天域に対して、青、赤、近赤外線の3バンドで行われた。それより南は同時期に、UKシュミット望遠鏡(UKST)とチリにあるESOの1 mシュミット望遠鏡でESO/SERC南天サーベイが行われた。これらの写真乾板はその後乾板測定器でデジタル化され、現在ではデジタルデータとして利用可能になっている(DSSを参照)。

2019年06月12日更新

関連画像

* 東京大学理学部天文学教室所蔵のパロマーチャート
(岡村定矩氏撮影)
* プレアデス星団の移っているパロマーチャート(青)。一辺は14インチ(35.5 cm)で左上隅の灰色に見える長方形部分に撮影時のデータが記録されている。東京大学理学部天文学教室所蔵(岡村定矩氏撮影)