天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

振動子強度

 

よみ方

しんどうしきょうど

英 語

oscillator strength

説 明

光の吸収や放出にかかわるエネルギー準位間の遷移確率を表すのに用いられる補正係数。古典的な電子論で仮定されている物質中の電子の振動子模型では、あるスペクトル線に関する光の吸収断面積はcgsガウス単位系で \pi\times e^2/mc となる(emは電子の電荷と質量、cは光速)が、量子力学にもとづく計算あるいは実験から得られる遷移確率は、これに対する補正係数 f を導入して表記する。この f のことを振動子強度という。アインシュタインの遷移確率との関係は  f=(m c/4\pi^2 e^2)h \nu_{lu} B_{lu} となる。ここで hプランク定数\nu は振動数、B_{lu} は下の準位lから上の準位uへの遷移についてのアインシュタイン係数のうちのB係数である。これに遷移前の準位の統計的重みを掛けた値はgf値とも呼ばれ、多数のスペクトル線についての測定あるいは計算データが報告されている。

2018年04月24日更新

関連画像