天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

小田稔

 

よみ方

おだみのる

英 語

Oda, Minoru

説 明

宇宙物理学者(1923-2001)。札幌市出身、大阪帝国大学物理学科を卒業後、同大学助手、大阪市立大学助教授、1956年に東京大学原子核研究所に移る。実験物理学からスタートして電波天文学に転向、さらに宇宙線天文学、X線天文学を専門とするようになった。1966年、X線天体のロケット観測で精密位置測定を可能にしたすだれコリメータを考案、その功績で1975年に日本学士院恩賜賞を受賞。宇宙科学研究所長、理化学研究所理事長を歴任、1993年文化勲章を受章。

2018年10月02日更新

関連画像

1994年の国際研究会時の集合写真より
(井上一氏提供)
小田稔
(JAXA)