天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

黄道傾斜角

 

よみ方

こうどうけいしゃかく

英 語

obliquity of the ecliptic

説 明

黄道天の赤道のなす角度。この傾きが0°だと季節変化は起こらず、90°だと夏と冬では昼夜の長さが大きく変化し、季節変化は極端なものになる。実際の値は約23.4°であるが、このような適度な傾きを持つおかげで地球に適度な季節変化が生じることになる。歳差まで考慮したものを平均黄道傾斜角、章動まで考慮したものを真黄道傾斜角という。
黄道傾斜角の大きさはあまり大きく変化はしないが、長期的には、黄道面に対してさまざまな傾きを持つ惑星からの引力により黄道面が変動する“黄道の歳差”と呼ばれる現象により、わずかながら変化する。

2018年09月16日更新

関連画像

黄道座標系
* 黄道座標系
片山真人「天体位置の表現」、シリーズ現代の天文学第13巻、福島登志夫編『天体の位置と運動』第2版 2章 図2.6 (日本評論社)