天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

正午

小

よみ方

しょうご

英 語

noon

説 明

視太陽時では太陽南中するとき、平均太陽時では午前12時(お昼の12時)のこと。午後12時(真夜中、午前0時)は正子(しょうし)という。かつて十二支を使って時刻を表していたことに由来し、それぞれ午の正刻、子の正刻という意味である。
平均太陽時はもともと正午から正午までを1日と数えていた(天文時)が、1925年以降は正子から正子までを1日と数えるようになった(常用時)。

2018年05月09日更新

関連画像