天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

万有引力(重力)の法則

高

よみ方

ばんゆういんりょく(じゅうりょく)のほうそく

英 語

Newton's law of universal gravitation

説 明

ニュートン(I. Newton)が発見した物体間に働く引力の法則。質量が mM の2つの質点が r だけ離れて存在しているとき、この2つの質点には、お互いを引っ張り合う方向に
F=G\frac{mM}{r^2} (ベクトル表記では、\boldsymbol{F}=-G\frac{mM}{r^3}\boldsymbol{r})
の力が働く。
この法則とニュートンの運動方程式から、惑星の運動に関するケプラーの法則はすべて明快に説明付けることができる。Gは万有引力定数と呼ばれる比例定数で、IAU1976天文定数系では6.672\times 10^{-11}{\rm m^3 kg^{-1} s^{-2}}、IAU2009天文定数系では(6.67428 \pm 0.00067)\times 10^{-11}{\rm m^3 kg^{-1} s^{-2}}、CODATA (Committee on Data)  2018 推奨値では(6.67430 \pm 0.00015)\times 10^{-11}{\rm m^3 kg^{-1} s^{-2}}である。万有引力定数そのものを正確に求めることは難しいが、万有引力定数に天体の質量を掛けたGMという形では、精度よく計測されている。

2019年05月31日更新

関連画像

* 万有引力(重力)の法則のイメージ図