天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

ニュートン式望遠鏡

 

よみ方

にゅーとんしきぼうえんきょう

英 語

Newtonian telescope

説 明

反射望遠鏡の主焦点の手前に主鏡の光軸から45度傾いた平面鏡を設置し、主焦点を鏡筒の外にまで引き出した形式の望遠鏡。ニュートン(I. Newton)が放物面鏡を用いた反射望遠鏡を発明した際に採用した形式であることから、このように呼ばれている。ニュートン焦点も参照。

2018年09月17日更新

関連画像

ニュートンが製作した望遠鏡のレプリカ
岡村・家・犬塚・小山・千葉・富阪編『天文学辞典』、シリーズ現代の天文学別巻(日本評論社)p. 310