天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ニアー探査機

 

よみ方

にあーたんさき

英 語

NEAR

説 明

1996年2月17日に打ち上げられたアメリカ航空宇宙局(NASA)の小惑星探査機。NEARはNear Earth Asteroid Rendezvousの略で、文字通り近地球小惑星エロスをターゲットにした探査機である。エロスはS型のスペクトルを有する小惑星で、アモール群に属し近地球小惑星の中では2番目に大きい。打ち上げの後、1997年6月にメインベルト小惑星でC型のマチルデにフライバイをして観測を行った。1999年1月のエロスへの軌道投入は延期され、2000年2月にランデブーに成功した。表面から数kmから数10kmの軌道を周回して、カメラ、分光計、高度計などでさまざまなデータを取得して、細粒のレゴリスに覆われた小天体エロスの姿を明らかにした。最後に、エロス表面に着陸を試みた。着陸は成功して、ガンマ線分光計がエロス表面の組成のデータを取得し送信した。ミッション終了後に、計画を主導したがエロス到着前に亡くなった、シューメーカー博士をしのび、ニアーシューメーカーと改名された。

2018年03月11日更新

関連画像

NEAR探査機(APL/NASA)