天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ナビエ-ストークス方程式

 

よみ方

なびえすとーくすほうていしき

英 語

Navier-Stokes equation

説 明

気体や液体といった流体のうち、粘性を持つ流体の運動を記述する方程式。運動状態にある流体中に面を考え、その面を通して面に接する方向に働く力(接線応力)を考えたとき、これが働かない流体は完全流体と呼ばれる。すなわち応力テンソル p_{ij} は圧力 p のみが p_{ij}=-p\delta_{ij} のように働く。一方、接線応力 p_{ij}i\neqj)が働く場合、これを粘性流体と呼ぶ。特に、応力テンソルが歪み速度テンソル
e_{ij}=\frac{1}{2}\left( \frac{\partial u_i}{\partial x_j}+\frac{\partial u_j}{\partial x_i}\right)
に線形の依存をする場合をニュートン流体と呼ぶ( u_i は流体の速度の i 成分)。非圧縮の場合、速度 \boldsymbol{u} の時間変化を記述する流体の運動方程式は
\frac{\partial \boldsymbol{u}}{\partial t} + \boldsymbol{u} \cdot \nabla \boldsymbol{u} = - \frac{1}{\rho}\nabla p + \nu \Delta \boldsymbol{u}
のように書ける(ここで \nu を運動粘性率と呼ぶ)。このような粘性流体の運動方程式をナビエ-ストークス方程式と呼ぶ。

2018年04月24日更新

関連画像