天文学辞典 | 天文に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

ミンコフスキー空間

 

よみ方

みんこふすきーくうかん

英 語

Minkowski space

説 明

アインシュタイン(A. Einstein)の特殊相対性理論によれば、ニュートン力学のような絶対的な時間は存在せず、時間と空間を一緒にして4次元の時空として考えなければならない。3次元空間における距離の拡張として、時空上の点p\ (x_1, y_1, z_1, t_1), {\rm Q}\ (x_2, y_2, z_2, t_2)に対して、
s_{12}^2=(x_2-x_1)^2+(y_2-y_1)^2+(z_2-z_1)^2-c^2(t_2-t_1)^2
という量(世界距離)を定義する。ここで c光速度を表す。距離をこのように定義した空間をミンコフスキー空間と呼ぶ。実際、t_1=t_2 の場合、s_{12} は3次元空間における2点間の距離となることから、自然な拡張といえよう。なお、世界距離の2乗はローレンツ変換に対して不変である。

2019年06月03日更新

関連画像