天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

最小錯乱円

 

よみ方

さいしょうさくらんえん

英 語

minimum confusion circle

説 明

収差のある光学系での点像分布関数は焦点の近くではほぼ円形で、光軸上の位置によって分布半径が変わる。その半径が最小となる位置の円を最小錯乱円と呼ぶ。

2018年04月12日更新

関連画像

*球面収差がある場合の最小錯乱円