天文学辞典 | 天文に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

測微濃度計

 

よみ方

そくびのうどけい

英 語

microdensitometer

説 明

天体写真乾板の写真濃度を測定する装置。マイクロデンシトメータあるいはマイクロフォトメータとも呼ぶ。写真乾板に光を当て、透過してくる光量を光電管などで測定することによって写真濃度を測る。光源に安定化光源を用い、スリットを用いて写真乾板上の微小領域のみを透過する光を測定することによって、測定精度と分解能を上げる。1960年頃にPhotometric Data Systems社(当時)が開発したPDS測微濃度計は、コンピュータ制御によって、乾板をスキャンしながら透過光量を自動的に記録するシステムのはしりで、広く写真乾板を用いた天体画像やスペクトルの解析に用いられた。
1970-90年代前半は、主にシュミット望遠鏡で撮影された広視野写真乾板を測微濃度計でデジタル化したデータに基づくサーベイ観測の全盛期で、測微濃度計とデータ処理計算機を合わせたシステムが各地で活躍した。宇宙望遠鏡研究所(STScI)のPDS2020は、DSS(Digitized Sky Survey)のデータ生成に重要な役割を果たした。エジンバラ王立天文台のCOSMOS(1994以降はsuperCOSMOS)、ケンブリッジ大学のAPM(Automated Plate Measuring Machine)、ミネソタ大学のAutomated Plate Scanner (APS)など、光源をレーザーに置き換え、レーザー光を乾板上に焦点を結ばせ測光精度の向上をはかり、かつスキャン速度を高速化した装置も開発され活躍した。これらの装置は現在新たな写真乾板のデジタル化は行っていないが、データそのものはアーカイブとして活用されている。

2018年10月06日更新

関連画像

* 東京大学木曽観測所のPDS2020GMS測微濃度計
(岡村定矩氏提供)
ケンブリッジ大学にあるPDS1010A測微濃度計
http://www.ast.cam.ac.uk/~mike/casu/pds/pds1s.jpg
エジンバラ王立天文台のsuperCOSMOS(左)とケンブリッジ大学のAPM(右)
http://www.roe.ac.uk/ifa/wfau/cosmos/scosmos.html
https://www.ast.cam.ac.uk/~mike/casu/apm/apm.html
にある画像を元に作成。
UKシュミット望遠鏡による185枚の写真乾板をケンブリッジ大学のAPMでスキャンしたデータから300万個の銀河を検出・測定したThe APM Galaxy Surveyの銀河の分布図。
http://voi.iucaa.in/2df/Survey/apm.html
(論文は Maddox et al. 1990, MNRAS, 243, 692)