天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

マイクロチャンネルプレート

 

よみ方

まいくろちゃんねるぷれーと

英 語

microchannel plate

説 明

電子などの荷電粒子や紫外線X線検出器の一種で、内径 10-100 μm、長さ2 mm程度の鉛ガラスの細管を多数束ねて平板上にし、両端に1 kV程度の電圧をかけた装置。穴に電子が入射すると、電圧で加速されて管壁にぶつかり、2次電子を放出して増幅される。紫外線、X線の検出には管の内面に適当な抵抗値を持つ半導体物質を焼き付けておき、光電子を発生させる。高い位置精度が得られるため、イメージ増幅器として用いることができる。光電子増倍管も参照。

2018年03月13日更新

関連画像

マイクロチャネルプレートの概念図
http://hea-www.harvard.edu/~juda/memos/HEAD2010/HEAD2010_poster.html