天文学辞典 | 天文に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

メシエカタログ

高

よみ方

めしえかたろぐ

英 語

Messier catalog

説 明

18世紀に彗星を探していたフランスの天文学者メシエ(C. Messier, 1730-1817)が彗星と紛らわしい拡がった天体のカタログとして作成したもの。メシエの最初のカタログには103天体がリストされていたが、1781年に出版された最終版には、その後の発見も含めて110個の天体が掲載された(付録12を参照)。超新星残骸M 1(かに星雲)、球状星団M 3、渦巻銀河M 31(アンドロメダ銀河)、散光星雲M 42(オリオン星雲)、散開星団M 45(プレアデス)、惑星状星雲M 57(環状星雲)、楕円銀河M 87など有名な天体が含まれている。 赤緯-35度以南の大小マゼラン雲などは含まれていない。メシエカタログに含まれている天体をメシエ天体と呼ぶことがある。

2018年12月11日更新

関連画像