天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

子午面還流

 

よみ方

しごめんかんりゅう

英 語

meridional circulation

説 明

還流は環流と書くこともある。もともとは回転する星の熱力学的考察からその存在が推論された、星の子午面内を循環して熱を運ぶ流れ。太陽に関しては、局所的日震学の手法などにより、表面付近の浅い層で極向きに最大20 m s-1程度の速さの流れが、緯度60度くらいまでの範囲で実際に測定されている。この子午面還流はまた磁束も運び、この輸送がダイナモ機構において重要であるという考え方が現在、主流になっている。

2018年03月06日更新

関連画像