天文学辞典 | 天文に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

子午環

 

よみ方

しごかん

英 語

meridian circle

説 明

子午儀と同じように、観測精度を高めるため子午線方向にしか動かない望遠鏡であるが、大きな目盛環(と読み取り用の顕微鏡)がついていることで天体の南中高度も測定できることに特徴がある。天体の南中高度から、観測地点の緯度がわかっていれば天体の赤緯が、逆に天体の赤緯がわかっていればその地点の緯度が求められる。かつては天体の位置観測の主要観測装置であったが、大気の影響を受けないヒッパルコス衛星ガイア衛星の成功により、現在ではほとんど使用されていない。
なお、日本経緯度原点はかつて東京天文台のメルツレプソルド子午環が置かれていた場所である。

2018年09月17日更新

関連画像

子午環
* 国立天文台 自動光電子午環。
矢野太平「さまざまな測定装置」、シリーズ現代の天文学第13巻、福島登志夫編『天体の位置と運動』第2版 1.5節 図1.19 (日本評論社)