天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

平均太陽

高

よみ方

へいきんたいよう

英 語

mean sun

説 明

黄道上を運動する太陽の平均速度と等しい速度で赤道上を運動する仮想の天体のこと。実際の太陽は地球公転軌道が円でなく楕円であること、地球の自転軸が公転面に垂直な方向に対して約23.4°の傾きを持っていることから、南中してから次の南中までの時間(つまり1日の長さ)が、季節によって変化してしまう。平均太陽を考えると、南中から次の南中までの時間が季節によらず一定となり、時刻として使いやすいものとなる。平均太陽をもとに決めた時刻を平均太陽時と呼ぶ。アナレンマ均時差も参照。

2018年05月08日更新

関連画像